花粉症に効くサプリメント

甜茶(てんちゃ)

花粉症に効くサプリメント

中国原産の甘みのあるお茶。

バラ科植物のテンヨウケンコウシの葉から作られるお茶で、古くから健康に良いとして飲用されてきました。

近年では、甜茶の有効成分が抗炎症・抗アレルギー作用を持つことが分かってきました。

甜茶に含まれる甜茶ポリフェノールがアレルギー症状を誘発する成分のヒスタミンを抑えるとされており、花粉症やアレルギー性鼻炎の症状緩和を目的に様々なサプリメントが発売されています。

抗アレルギー効果については、国内外ともに多くの研究結果が報告されています。

花粉症などのアレルギー症状が出る前から甜茶を飲んでいた人のグループは、症状が出てから甜茶を飲んだ人のグループに比べて抗アレルギー薬を服用しなくても症状を抑えることができた結果があり、花粉症の予防としても効果が期待できるようです。

シソの実油

シソ科の植物から採取された脂質成分で代表的なものが「えごま油」です。

シソの油の主成分であるα-リノレン酸がアレルギー反応を抑える働きがあるとされています。

これは白血球からのロイコトリエン等の分子の放出を抑える作用からいわれています。

またコレステロール値の低下にも効果があることも分かっています。

バラの花エキス

バラの花びらから抽出した成分で、ポリフェノールの一種であるオイゲニンなどが花粉症などのアレルギー症状を緩和するといわれています。

甜茶(てんちゃ)やシソの実油と併用して摂取するとより効果が期待できます。

乳酸菌やビフィズス菌

プロバイオティクスが直接、花粉症に効果があるわけではありませんが、腸内環境を正常化することにより、免疫機能を高め、アレルギー症状の緩和を目的としています。

霊芝(れいし)

サルノコシカケ科に属するキノコ。マンネンタケと呼ばれます。

免疫調整機能があると言われており、抗ヒスタミン作用が期待されています。

ケルセチン

抗ヒスタミン作用のほかに、抗炎症作用もあるといわれています。

DHA、EPA

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は魚の油に多く含まれていています。

α-リノレン酸を摂取すると体内でEPA→DHAに変換されます。

これらは体質改善による免疫力の向上、アレルギー反応によるかゆみや発疹の改善に良いとされています。

ヘスペリジン、ナリルチン

みかんなどの柑橘類に多く含まれる成分です。免疫調整機能に加え、抗アレルギー作用があることがわかり注目されています。

他の記事も読んでみる