プレバイオティクスサプリメントの分類&摂るときの注意点

プレバイオティクスサプリメントの分類&摂るときの注意点

酪酸菌や乳酸菌などの「プロバイオティクス」は整腸作用に加えて免疫や代謝にも関与すると、近年ますます注目を集めています。さらに、食物繊維やオリゴ糖などが代表的な「プレバイオティクス」は、その機能性食品における届出件数が善玉菌関連の商品を上回るほど。今回は、“プレバイオティクスサプリメント”の基本と分類、注意点について紹介します。

「プレバイオティクス」とは?

“腸活”や“腸脳相関”という言葉が広まりつつある昨今、乳酸菌や酪酸菌などの「プロバイオティクス(probiotics)」が身体にとってよい影響をあたえるということは広く根付きつつあります。では、「プレバイオティクス」と呼ばれる、“腸内細菌のうち善玉菌のエサとなる栄養素”も一緒に摂り入れていますか?

この「プレバイオティクス」で代表的な食品成分は、難消化デキストリンやイヌリン、オリゴ糖、β-グルカンなどがあります。食品でいうと、大豆やたまねぎ、にんにく、ねぎ、ニラ、ごぼう、アスパラガス、バナナなどが代表的。いずれも、ヒトの消化管では分解することがむずかしい成分です。

その定義は、1994年に英国の微生物学者グレン.R.ギブソンらによって提唱されました。これは、「大腸内で特定の細菌における増殖と活性を変化させることで、宿主に有利な影響や健康の改善をもたらす難消化性の食品成分」です。

プレバイオティクスの分類|基本構造が「ショ糖」「乳糖」

腸内フローラ(腸内細菌叢ともいう)の多くが糖類の発酵をおこなうという性格上、「プレバイオティクス」はこれを育むために糖質であることがほとんどです。その代表格が難消化性のオリゴ糖で、その化学構造からショ糖、乳糖、デンプン、糖アルコール※が基本となるものに分類されます。

たとえば、ショ糖を基本とするフラクトオリゴ糖は、ビフィズス菌や乳酸菌の成長を促進。これには、水分を吸収しゲル化することで血糖値の上昇を穏やかにすることが期待されている、イヌリンがふくまれます。

また、乳糖を基本とするラクツロースは、プレバイオティクスとして初めて医薬品に用いられたオリゴ糖です。その作用は、悪玉菌の一種で腐敗菌が生むアンモニアを減らすことで肝臓の解毒処理にかかる負担を軽くし、肝機能の低下による症状を改善するというもの。加えて、便の量を増やす働きもあり、便通を改善するために用いられることもあります。

 

※糖アルコール:糖質の化学構造のうちカルボニル基が還元反応(水素の添加、酸化反応の逆)されることによって生成するものの総称。

プレバイオティクスの分類|基本構造が「デンプン」「糖アルコール」

一方、デンプンを基本とするものには、その苦味を特徴として野菜のえぐみを和らげたり、コーヒーやビールなどの苦味と合わさってより美味しくしたりするゲンチオオリゴ糖など。

そして、糖アルコールを基本とするものには、虫歯の原因になりにくいキシリトールや、吸熱反応があることでひんやりとした特徴を持つソルビトールがあります。甘さもありながら、吸収されにくいために血糖へあたえる影響もすくないことから、多くの食品に用いられている甘味料のひとつです。

“プレバイオティクスサプリ”って、結局どういうもの?

この「プレバイオティクス」を指すような利用は、1900年代初頭からすでに始まっています。当時、ラットを用いた研究で牛乳と乳糖のどちらかをエサに混ぜた場合、乳糖のほうがビフィズス菌の優位な腸内フローラを形成することが明らかになっていました。

 

現代におけるこの「プレバイオティクス」を応用したサプリメント(以降、プレバイオティクスサプリと略)は、機能性食品の届出件数で見ると上位に位置するほど、多くの商品が販売されています。その機能性(有益な作用)は、便通に関する整腸作用やコレステロールなどの脂質をおさえる作用のほか、ミネラル吸収の促進作用、アレルギー反応をおさえる作用、腸管免疫システムの増強作用など多岐にわたります。なかには、特定保健用食品(通称トクホ)として個別に消費者庁の許可を受けている商品も。

“プレバイオティクスサプリ”を摂るときの注意点

善玉菌そのものを指す「プロバイオティクス」のサプリメントを摂る場合とちがって、プレバイオティクスサプリを摂るときには過剰摂取に注意が必要です。なぜなら、「プレバイオティクス」はヒトの消化酵素で消化されないために、そのひとの持つ腸内細菌の能力を超えるほど摂ると、処理しきれない糖質がかえって負担となるから。このような負担は、主に下痢や軟便、お腹の張りなど消化管の不調となって現れます。

目安としては通常、難消化性糖類や糖質、糖アルコールの量で見た場合に1日あたり2~10gです。また、一度にたくさんの量を摂るのではなく、数回に分けて摂り入れるというのもよいでしょう。ひとによっては、すこしずつの量から摂り始めて、だんだんと推奨される量まで増やしていくというのも方法のひとつです。

“プレバイオティクスサプリ”を試そうか迷っているひとへ

ふだんの食事をバランスよく摂っているというひとが、サプリメントも摂ったほうがよいのかどうかを知るには、便の形状を見てみることがひとつの方法です。腸内細菌がよい状態のときには酸がたくさん作られていることで、便の色は黄色から黄色がかった褐色、形状は柔らかいバナナ状です。この理想を目指すためにも、プレバイオティクスを有効活用しましょう。

ただし、プレバイオティクスサプリは自身の腸内細菌がしっかり機能しているということが、メリットを得るうえで前提となります。不安のあるひとはまず、「プロバイオティクス」を取り入れ、身体を慣らしてからプレバイオティクスサプリを試していくのがおすすめです。

この記事を書いた人

ドラッグストアで売っているサプリメントの効果は? 株式会社リテラブースト 代表取締役 曽川雅子
資格 薬剤師、登録販売者、保育士
経歴 現・東北医科薬科大学卒。2017年に株式会社リテラブーストを設立し健康に関するイベントや、健康診断でなじみの9項目が指先から1滴の血液ですぐに分かる検体測定室(簡易血液検査)をプロデュース。15年間の薬局勤務と人事経験を活かした執筆活動では、大手の介護系企業や製薬企業からウェルネスに関する総合情報配信サイトまで2年間で累計100本を超える記事提供の実績がある。

他の記事も読んでみる